ベースラインサーベイ 進行中

 211日からベースラインサーベイの本調査が開始しました。

 サーベイは、チョウガチャ郡とシャシャ郡の二地点にて同時に進行しています。本調査期間は全部で4週間。1週間ごとに各郡での調査地点が変更し、今週の調査地点はチョウガチャ郡ではボリダパラ村、シャシャ郡ではパンチブラット村です。

 本調査が開始する前の一週間でスタッフトレーニングを行った効果があり、調査は初日から順調です。

 チョウガチャ郡での聞き取り調査はマルア村のヤング・コミッティの青年らが、シャシャ郡ではシャムタ村のヤング・コミッティの青年らが行ってくれています。

過去にさまざまな調査を手伝った経験を生かして、手際よく聞き取りをすすめてくれます。

 仕事ぶりもまじめで、彼らは調査票を家に持ち帰り質問の仕方を練習していたとのことです。

14_feb_20061

写真1:ひとりひとりに対面し丁寧にインタビューしていきます

14_feb_20062

写真2:「何を書いてるの?」と集まってきた人々で人だかりになることも…

まだ調査が始まったばかりで報告できることは少ないのですが、いままでのところの結果では非常に多くの人が砒素のことを知っていると言うことができそうです。情報源はNGOの活動、テレビ・ラジオ番組が主流です。

砒素に対する関心も高く、「誰か砒素のことについて教えてくれる人が欲しい」という意見はよく挙がっています。

砒素の知識がまんべんなく行き渡り、早く効果的な対策が早く打ち立てられるといいですね。

| | コメント (0)