2010年宮崎県環境白書

2010年(平成22年)版宮崎県環境白書が宮崎県の「みやざきの環境」(http://eco.pref.miyazaki.lg.jp/gyosei/kankyo_hakusyo/index.html)にアップされています。

AANの関連する部分では、県の国際協力で宮崎大学で研修を受けたベンガル人のこと、公共用水域の健康項目の結果、公害健康被害についての記載があります。

公共用水域の健康項目の結果のURL(PDF)は、http://eco.pref.miyazaki.lg.jp/gyosei/kankyo_hakusyo/whitepaper2010/pdf/data01/kankyo_2_02.pdf

の41ページに記載されています。公害健康被害については72ページから記載されています。55ページには農用地土壌汚染の対策、監視状況も記載されています。

行政による公共用水域の監視、行政機関相互の連携による対策が読み取れる白書となっています。公害健康被害についても制度から現況まで詳しく記載されています。是非ご覧ください。

このような情報が継続的に作成され、かつ誰でも見ることが出来るというのはすばらしいことだと思います。

                                             Y.S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヨーガを楽しんで、AANの活動を応援しませんか

いつもご支援いただく、本部三映子「プラナヨーガ」スタジオ様から、ヨーガ教室のご案内をいただきました。この教室では、月謝の一部をAANに寄付していただいております。

呼吸にあわせ、それぞれのペースで無理なく体を整えていきます。

心も体もスッキリ、初めての方でも気持ちよく楽しめます。

  • 日時:毎週月曜日 午前10:30-12:00(祝日はお休みです)
  • 場所:アンジュール3F (宮崎県庁北側) 
  • 月謝:2,000円(入会金など一切不要です)

体験レッスンも無料であります。ご興味のある方は見学・体験にお越しください。お待ちしています。

問い合わせ先:本部三映子「プラナヨーガ」スタジオ 0985-31-5571

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう佐賀空港

みなさんは、”どうしても明日東京に荷物を届けたい”ときどうしていますか?

ここ宮崎事務所は市内中心部にありますが、空港からも車で15分程度。18時30分に事務所を出て19時までに空港そばのクロ○コヤ○トエキスプレス営業所へともちこめば、最終の飛行機で、東京へとひとっとび、翌日午前中には都内23区へお届けできるのです。

ところが、昨日は台風並みの悪天候。欠航の知らせや、到着地変更のニュースが流れています。

空港へと続く道沿いのパームツリーは右へ左へと葉を揺らし、車のハンドルをとられ、もしかして・・・明日は・・・ とりあえず、営業所へと急ぎました。

受付のお姉さんは優しい口調で「本日はこの天候ですので、このあと欠航の可能性もございますがよろしいですか」と告げます。

そんな、ここまでこの時間に来るってことは、どうしても明日じゃなきゃだめなの、わかるでしょ?と必死の表情で訴える私。

するとお姉さんはやさしく続けました。

「佐賀にあげて送ることも可能です」

????サガさがSAGA佐賀???? 

あーーーーーーーーー!思い出した!新聞広告で見た!深夜の貨物専用機!

T  「明日必ず着くんですね?(まだ不安)」

お姉さん  「ええ、佐賀からが確実ですので、午前中にはお届けできます」

T  「じゃあ、それでお願いします (笑顔)」

ありがとう佐賀空港!こんなことでお世話になる日が来るなんて。

おかげさまで、先ほど無事目的地に荷物が届けられました。

安堵の宮崎事務所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟に行ってきました

Cimg0304

新潟大学、冬支度のひとこま。

宮崎で生まれ育った私の目には、こういうことも新鮮です。

初めての新潟は、温かいもてなしを受け、暖かな日でした。

もしかして雪が積もって滑って転んだらどうしようかといらぬ心配でした。(ただ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンガルの“虎さん”土呂久へ

2006910日(日)

ベンガルの“虎さん”土呂久へ

インドのコルカタにあるジャダヴプル大学のディパンカー・チャクラボーティ博士は、ベンガル地方の砒素汚染を世界に知らせた人である。それをきっかけに、今や、アジアの大河流域で6000万人が砒素に汚染された井戸水を飲んでいることが明らかになった。博士のニックネームは“ベンガルの虎”。怠慢な政府や地下水利用推進の国際機関を鋭く批判しつづけるからだ。そのチャクラボーティ教授が、98日から12日まで熊本市と水俣市で開かれた「環境被害に関する国際フォーラムー水俣50年の教訓は活かされたかー」に参加して、「解決の道はお金でなく、民衆自身が動くことだ」と強調した。

10日、熊本市から水俣市へ移動する日、回り道をして土呂久へ足をのばした。同行者は、バングラデシュNIPSOM(国立予防社会医学研究所)のアクタール教授である。佐藤慎市さんの案内で鉱山跡を見学、自宅で酸素吸入をつづけるトネさんに会い、土呂久山荘で直さん、ハツネさん、ヨシエさんから体験を聞いた。谷間の村で起きた砒素公害に「悲惨だ」と胸を痛めた。

Clip_image002_1

その夜、水俣で「喜納昌吉&チャンブルーズ」のコンサートに招待された。アンコールで聴いた「花」は静かで心がやすまった。ところが他の曲は、ドラムやキーボードの音量激しく会場に鳴り渡った。終了後、感想をきかれたチャクラボーティ博士は、心臓がどくどく高鳴るポーズをして、「保険証がないかと床の上を探した」と笑わせた。<健康によくなかった>というジョークである。

日本滞在中、博士は小噺を連発して周囲を笑わせた。“ベンガルの虎”ではなくて、まるで“ベンガルの寅さん”だった。これまで参加したフォーラムは、世界の学者たちとの論争の場だった。今回はちがった。環境汚染の被害者との交流が“虎”の心を解放したようにみえた。インドネシアの金鉱、ブラジルのマンガン鉱周辺で健康被害に苦しむ住民に、サンプルを送ってくれれば汚染物質の解明に協力する、と約束した。  (KK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にっぽんアニメは強し

バングラデシュからお客様を招いています。

お子さんが二人いて、ポケモンの大ファンらしいです。
お土産に、ポケモングッスを購入したい、とリクエスト頂戴しました。
おもちゃ屋にお連れしなければ。

ところで、「ケモン」と聞けばかわいいけれど、「ケモン」だったら・・・
KKさんは、ポケモンを知らなかったらしくて「ボケモン」と言ってました。

いや、あるいは、バングラデシュにはBOKEMONNがいるかもしれない。

笑いをこらえきれませんでした。
ちょっとおっとりさんのポケモン新キャラクターとして登場させて欲しいな。

( T )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かえってきた事務局長

事務局長KKがバングラデシュでの活動を終え、宮崎に帰ってきました。

事務局Kさんが7月末に退職して、1人で忙しかったから、嬉しいような?余計に忙しくなるような?

もっとも、また11月にはバングラデシュに行くんですけどね。

(事務局T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関東からのお客様

今週は関東からのお客様が相次ぎました。

首都圏での活動をいつも支えてくださるA氏、おいしい土呂久水俣展に参加するのにあわせて。前回来た時にはJRは宮崎空港まで線路がなかったというから、10年ぶりの宮崎でしょう。人形焼のお土産おいしかったです。ほとんどすべて私1人の胃袋に収めてしまいました。そして、出身校でもすこーし関係があることが判明。高専生なんて毎年1学年は全国で10000名くらいしかいないははず。少数派の私です。

そして、なんと、品川ナンバーの愛車で宮崎まで走ってきたO氏。お仕事柄JICAの国際事業にはずいぶん詳しいそうで、これからご相談させていただくことになりそうです。事務手続きだけでなく、現場の仕事を数多く経験されており、経験に裏付けれたアドバイスはたいへん貴重です。スリランカ、バングラデシュの最近の様子をビデオで拝見しました。しばらくPCと向き合う時間が長い私の心のサプリメントになりました。現場に行きたいよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バングラデシュの熱い風

バングラデシュから一時帰国したJAMP(JAMPに関してはAAN事務所便り「現地レポート」を参照)の副総括、島村さんが本部事務所にやってきました!

今日の事務局会議では、島村さんに現地での活動報告をお願いしました。バングラデシュ政府役人や現地スタッフ、日本人派遣専門家の活動を統括する大変な役割を担っている島村さん。直接お話を聞くと、現地で奮闘されている様子がひしひしと伝わってきます。プロジェクトが始まってまだ半年あまりですが、これまでの活動で見えてきた成果や課題を把握し、次にやるべきことをしっかりと見極める島村さんの姿勢には、熱いものを感じました。

そしてこの宮崎の暑さが、バングラデシュを余計に思い起こさせます。「暑い暑いと宮崎で嘆いている場合ではないな!バングラデシュではこの暑さの中でスタッフががんばっているんだ。」そうやって宮崎では自分を奮い立たせています。でも島村さんいわく、「バングラより宮崎の方が暑い・・・」そうです!バングラデシュからの熱い風と、宮崎の熱い風に後押しされながら、本部事務所もがんばります。

もちろん、会議の後はビールで乾杯!!(事務局 K )

Img_1766

| | コメント (0) | トラックバック (0)

企画力を高めよう!

大分県・JICA九州・(財)大分県文化スポーツ振興財団の3者が主催する、「国際交流・国際協力団体養成講座」に講師として招かれ、大分まで行ってきました。「企画力を高めよう!~思いを形にするために~」というテーマでの講座で、講演だけでなくワークショップまで担当することになり、どうなることやらという不安でいっぱいでした。

参加者は約35名で、さまざまな団体から参加されていました。まずはアジア砒素ネットワークと国際協力ネットワーク宮崎(宮崎県内の4つの国際協力NGOで構成するネットワーク組織)の活動を紹介し、それから国際協力ネットワーク宮崎で実施した「国際協力フェスティバル」を事例にあげながら、企画をたてるサイクルを紹介しました。その後は、アイスブレーキングとして自己紹介をグループごとにやってもらい、ワークショップに入りました。

ワークショップでは実際に1つのテーマを与えて、イベントの企画をグループごとに立ててもらいました。具体的なイベント内容を検討する前の、現状分析・課題把握のところでは、盛んに意見が飛び出すなど、一人ひとりの熱心な思いが伝わってきました。大分では、各団体の活動は活発であっても、横のつながりがなかったり、情報を共有したり伝達するシステムがないなどの課題があるようです。そのため、国際協力ネットワーク宮崎のような団体のあり方は、特に新鮮にうつったようです。今回、さまざまな団体の人たちが一緒になって意見をだしあったり、企画を立てていったりしたことは、よい経験になったと思いますし、これをきっかけに横のつながりができてくるとよいなあと感じました。

私個人としては、当初の不安どおり、もっとああすればよかった、こうすれば良かったという反省点がたくさんありましたが、とてもよい経験をさせていただきました。

~大分からの帰り道~  大分からの帰りの電車で、同じ車両に「こけちゃいました」の谷口浩美さんがいました!こんなところで宮崎が世界に誇る有名人に会えるとは・・・。同じ宮崎に住んでいながら、初めて会いました!感動! (事務局 K )

| | コメント (0) | トラックバック (0)