フィールドワークだからこそ

9月9・10日に宮崎県立看護大学1年生が土呂久で1泊2日のフィールドワークを実行しました。その学びをクラスで共有しようと発表会が本日行われ、ご厚意で聞かせてもらいました。

学生さんたちは 人権論 の視点をもって土呂久を目指しました。

フィールドワークに参加した6名はみな宮崎県出身。でも”土呂久”を聞いたのは大学生になって初めて。地元なのに公害があったことを知らない・・・という驚きを抱え、土呂久へ向った。”公害”から想像していた土呂久のイメージを打ち破る、緑豊かで空気も澄んだ現在の土呂久。佐藤慎市さんの案内で谷あいの集落を回り、鉱山操業当事や、荒廃した山を写真で見比べる。遠い過去のような写真だが、数十年しか経っていない。

土呂久という場所に来て、ようやく、はじめて、土呂久公害をわかることができた、と言っていた。

操業の様子を知るお二人のお話からも、当事のすさまじい状況を知った。”戦争に行って8年後帰ってきたらそこが土呂久だとは信じられないくらいに変わり果てた集落を目の当たりにした” ”白い煙で覆われていることが普通の光景だった それが当たり前だと思っていた”など、今ならそれは異常だと思えることだが、それを受け入れざるを得ない状況がそこにはあった。 荒廃する地区では農作物が育たず、家畜も死ぬ、農業で生計を立てられなければ鉱夫になって賃労働をしなければ食べていかれない。鉱山で働けば、亜ヒ負けで体中がおかしくなる。それでも止めるわけにはいかない。苦しい選択をしながら住民は土呂久という地で生きてきた。

鉱山があったから潤い、しかし、鉱山があったから悲惨な公害がおきた。

いや、鉱山があったから公害がおきたのではない。利益優先で人間を無視した操業をしたために公害がおきたのだ。環境やそこで働く人々への配慮などが欠けたのだ。

公害の発生はもう止んだ。しかし土呂久に暮らす人々には今でも禍根を残している。負の遺産を思い出したくないという人もいる。

でも過去のことではなく、これからの教訓として、しっかり後世に伝えなければならない。

その土地で当事者の口から生の声を聞いたフィールドワークだからこそ、資料だけでは伝えきれない、人としての学習があったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬支度

土呂久へ行ってきました。

6日以来、2週間ぶりです。

道路には、前日までの雨で銀杏の葉が黄色いじゅうたんを演出。

秋だなぁと思っていると、見つけました冬支度。

Cimg0264_1

刈り干しでつくった「トウビ」。

ポツンポツンと緑の斜面にお山ができていますね。

雪も降る厳しい冬、高千穂牛たちはこのトウビを食べながら春を待ちます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなの幸せ と 自分の幸せ

35年企画、土呂久での1泊には、高千穂牛スキヤキあり、地鶏の炭火焼あり、地区の皆様からの差し入れもいただいて、豪華な夕食となりました。

ご挨拶にも回らず、つい、食べることに夢中になっていた私に、土呂久の佐藤洋さんが焼酎片手にお話にきてくださいました。

3

「みんなの幸せが、自分の幸せ」
土呂久では、みんなが力を合わせてがんばっている。
みんなが幸せでこそ、自分の幸せがある。

予定よりも大人数で遅れて到着した一行を「遠くから大変だったでしょう、たくさん食べていってね」と優しい言葉で出迎えてくれたのも洋さんでした。

そうそう、
バングラデシュのエクラスル医師も同じことを述べておられました。
「みんながhappyになると、わたしもhappyになるでしょう」

人の幸せを願う気持ちは世界共通ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベンガルの“虎さん”土呂久へ

2006910日(日)

ベンガルの“虎さん”土呂久へ

インドのコルカタにあるジャダヴプル大学のディパンカー・チャクラボーティ博士は、ベンガル地方の砒素汚染を世界に知らせた人である。それをきっかけに、今や、アジアの大河流域で6000万人が砒素に汚染された井戸水を飲んでいることが明らかになった。博士のニックネームは“ベンガルの虎”。怠慢な政府や地下水利用推進の国際機関を鋭く批判しつづけるからだ。そのチャクラボーティ教授が、98日から12日まで熊本市と水俣市で開かれた「環境被害に関する国際フォーラムー水俣50年の教訓は活かされたかー」に参加して、「解決の道はお金でなく、民衆自身が動くことだ」と強調した。

10日、熊本市から水俣市へ移動する日、回り道をして土呂久へ足をのばした。同行者は、バングラデシュNIPSOM(国立予防社会医学研究所)のアクタール教授である。佐藤慎市さんの案内で鉱山跡を見学、自宅で酸素吸入をつづけるトネさんに会い、土呂久山荘で直さん、ハツネさん、ヨシエさんから体験を聞いた。谷間の村で起きた砒素公害に「悲惨だ」と胸を痛めた。

Clip_image002_1

その夜、水俣で「喜納昌吉&チャンブルーズ」のコンサートに招待された。アンコールで聴いた「花」は静かで心がやすまった。ところが他の曲は、ドラムやキーボードの音量激しく会場に鳴り渡った。終了後、感想をきかれたチャクラボーティ博士は、心臓がどくどく高鳴るポーズをして、「保険証がないかと床の上を探した」と笑わせた。<健康によくなかった>というジョークである。

日本滞在中、博士は小噺を連発して周囲を笑わせた。“ベンガルの虎”ではなくて、まるで“ベンガルの寅さん”だった。これまで参加したフォーラムは、世界の学者たちとの論争の場だった。今回はちがった。環境汚染の被害者との交流が“虎”の心を解放したようにみえた。インドネシアの金鉱、ブラジルのマンガン鉱周辺で健康被害に苦しむ住民に、サンプルを送ってくれれば汚染物質の解明に協力する、と約束した。  (KK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

任務完了!

今日は、土呂久・松尾35年イベントに向けたアンケート発送作業をおこないました。アンケート総数は約340通。これは終わらないぞと思っていましたが、5時には宅急便のお兄ちゃんが集配にやってきて、無事任務は完了しました!

実は、事務局のTさんが東京出張で不在だったため、私1人で少し心細く思っていました。35年イベントの実行委員にお手伝いを呼びかけてはいたものの、平日の昼間です・・・。そうそう参加してくれる人はいませんよね・・・。呼びかけた後に気付きました。。。

しかし、実行委員のS君や、毎週火曜日にボランティアをしてくれているY君が来てくれたおかげで、夜までかかるだろうと思っていた発送作業は4時には終了しました!それだけではありません。驚いたことに、人の集まりが悪いのをみかねたAAN代表まで、もくもくと発送作業を手伝ってくれたのです!!文書の発送作業をしている代表の姿、初めてみました。。。代表ありがとう。。。

心をこめて送ったアンケートです。送られてきたみなさん、どうぞアンケートにご協力をお願いします!

そして、このアンケート発送作業にあわせて、水俣から8月5日、6日に行われる「おいしい水俣・土呂久展」のちらしが届きました。こちらもぜひご参加ください。(事務局 K )

Photo_1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

川原一之というひと

土呂久・松尾35年企画イベント第1弾。

Cimg0177_1 6月7日、都城北諸県地区の教職退職者のみなさんにおあつまりいただき、事務局長川原一之が、~砒素にひかれてバングラ暮らし~の講演をおこないました。

川原は、朝日新聞記者時代にかかわった土呂久鉱害事件を出発点に、いつのまにかJICA砒素対策アドバイザーも務め、いまもAANの事務局長として、仕事人生のほとんどを土呂久とともに、砒素とたたかいつづけています。

Cimg0191_1 知人の言葉をかりれば、
「目力(メヂカラ)のある」ひと。

川原が砒素について土呂久について語るとき、その目力はますます強くなります。

言葉にも魂がこめられるようで人をひきつけます。

参加してくださった皆さんはそれぞれに、川原一之というひとをとおして、砒素の問題を身近にかんじたのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守る会総会と梨の花

16_apr_20060_1  2日目は、前日とは打って変わって気持ちの良い晴天となりました。 山にはまだ桜が残り、道ばたには白や黄色のタンポポ、16_apr_200601_1イチゴ、菜の花、シャクナゲ、ヤマブキなど、一気に咲いた色とりどりの花が溢れています。

左:棚田の壁に咲くイチゴ

16_apr_20061

 左:力を入れて、土呂久の小麦粉を使った自家製手打ちうどんの仕込みをします

16_apr_20062

 午前中は土呂久山荘で、「守る会」の2006年総会が行われました。昨年度の活動報告、会計報告、2006年度の活動計画、予算計画を話し合いました。

 今年は土呂久公害が発表されてから35周年にあたります。8月には水俣市との共催イベントや、11月連休には宮崎市で宮崎大学主催国際砒素シンポジウムと、AAN主催の地下水砒素汚染フォーラムがあり、「原点・土呂久を振り返る」という大きなテーマを持って進めていくことになりました。

16_apr_20063  総会のあとは、みんなで歩きながら、土呂久の春を満喫しました。

16_apr_20064_1   約20分登った目的地は、満開の梨の木のしたにあるその名も「岩舞台」。あたたかい陽気をいっぱいに浴びて、大きな岩の上でお楽しみの昼食です。16_apr_20065_1 南米の縦笛の演奏(山口先生)や、ジャマイカのフォークソング(ローマンさん)も飛び出しました。 16_apr_20066

 

16_apr_20067

 青空の下、まあるく輪になって、手打ちうどんと山菜おこわを堪能しました。

 山菜、満開の花、気温など、今年はこれまでになく素晴らしいタイミングだったようです。また是非参加したいと思います。

(麻)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山菜を食べる会

 今年も土呂久山荘にて、恒例の山菜を食べる会が催されました。1日目はあいにくの雨に見舞われましたが、いつものメンバー、初参加の方、久しぶりに参加した方など、約20名が集まり、にぎやかなで楽しい夜を過ごしました。

14_apr_20060_1 

左:中国から来た郭さん(中央)

14_apr_2006114_apr_200612_2

上:窯跡地を見学するジャマイカ出身のローマンさん(右)。ジャマイカではジャーナリストの仕事をしており、土呂久に関心を持っています

14_apr_20062_1

上:被害者の方々を囲んで

14_apr_20063_1

上:取れたての山菜が次々と天ぷらになって、胃袋に納められていきました

 この日のメニューは、タケノコやワラビの煮しめ、山菜の天ぷら(タラの芽、ユキノシタ、セリなど)、あざみの油炒め、よもぎ餅、鹿肉の刺身と煮物、春菊の白和え、ジャマイカカレーなど。テーブルに乗りきらないほどのご馳走が並びました。

14_apr_20064

左:土呂久の佐藤マリ子さん(中央)家族はたくさんの美味しい料理を作ってくれました

 様々な年代が炬燵を囲んで語り合い、国内津々浦々からだけでなく中国やジャマイカなど国際色豊かな話題が飛び交いました。笑顔のなかに、発信地としての土呂久を感じる夜でした。

(麻)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)