« 2011年6月 | トップページ | 2014年3月 »

1杯の牛丼から見えてくる世界の水事情

こんにちは。インターンの西村恵美です。

最近は、気温も上がりすっかり春模様になってきました。

今回は、インターネットを見ていたら面白いデータがあったので

『1杯の牛丼から見えてくる世界の水事情』という題で、皆様に

紹介したいと思います。

「水不足」というワードをメディアなどで耳にすることがあると思います。

その原因はいくつかあり、例えば温暖化や洪水が挙げられています。

アメリカ、EU、日本などの先進国による水の大量消費も原因の1つで

あると言われています。

近年の日本は色々な国から輸入を行い、それに頼った生活をしています。

頼ると同時に、その生産に必要な水を間接的に消費しているのです。

(これを仮想水と呼ぶ)

つまり、日本は多くの輸入を行っているので水を大量に消費しています。

【データ】

日本の農産物や工業製品の輸入ために使われている仮想水は全部で約 800億トン。

これは、日本の水使用量全体で約830億トンなので、ほぼ同じ量の水を海外で消費

していることになります。

以上のことから、題名で取り上げたように

輸入された米、牛肉で作られた牛丼を一杯食べるということは、海外で使われた

数トンの水を消費していることと同じなのです。

このように、私たちが生活していくために行っている事が、途上国の生活や

「水不足」に影響を与えていることを知っておくことが大切だと思います。

また、食べ物に感謝し、大切に物を使用する生活を心がけるべきだと改めて思いました。

参考文献:ネットワーク『地球村』http://www.chikyumura.org/environmental/earth_problem/water_resource.html

2014/2/28 (文:西村恵美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GLOBALINKを通して市民へ発信!

 こんにちは。初めまして、宮崎大学 工学部 社会環境システム工学科 1年の西村恵美と申します。H25年8月からインターンとしてアジア砒素ネットワークさんの方で活動をしています。今後の活動報告などをこのブログにアップしていきたいと思っています。よろしくお願いします。

 先日、1月25日(土)にイオンモール宮崎1階サンライトスタジオ前(スペースコート)にて、JICA主催のイベント『GLOBALINK~世界とつながっている私たち2014~』が開催されました。
 今回のイベントは、国際協力を行う宮崎のNPO/NGO4団体が連携したICNMに加えて宮崎大学IRISHの全5つの活動団体が参加しました。宮崎県発の国際協力に携わる人材の育成と宮崎が国際協力に理解ある地域へと発展することを目的としています。
 
 会場では、各団体が
・パネル(団体の紹介・現地の現状・活動内容など記載)
・バングラデシュで使用されている水がめを持ってみる
・実際に地雷撤去活動を体験できるコーナー
・サリー等の民族衣装を試着してみる
・ミニゲーム
など、独自の方法を用いて市民へ情報発信を行っていました。
 
 団体による情報発信の他に、ステージではアナウンサーの横山美和さんによる『おはなしとおんがくの森』や木村つづくさんによる『世界各国旅話』もありました。
 私はAANのインターンとして参加をし、当日の為のパネル作成を1ヶ月かけてやらせていただきました。今回沢山の市民や外国の方に展示物に関する質問をされました。自分が持つ情報や考えを伝える難しさを実感しました。

 もっと団体活動を知ること・英語の会話力向上・人との輪を広げることを今後の課題として活動していこうと思いました。
 (文:西村恵美)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2014年3月 »