« Global Gallery @みやざきアートセンター | トップページ | リンの代わりにヒ素をDNA中に取り込む微生物がいた »

ナノがきになる

昨日気になる記事をみつけました。

ナノサイズのシリカは経皮吸収されて脳へ運ばれる。

こわい。

ナノ化を看板に掲げた化粧品がたくさん販売されてます。

使い続けたら10年後とかどうなるんだろう。

お肌はツヤツヤでも、体のどこかに蓄積されてるとか?

脳障害をおこしてるとか?

もしかして・・・ 可能性は捨てきれない。

はやく評価系が確立されてほしい。

安心できる結果をきくまではナノ化粧品とは遠縁でいよう。

|

« Global Gallery @みやざきアートセンター | トップページ | リンの代わりにヒ素をDNA中に取り込む微生物がいた »

コメント

私はあまり使わないけど、メークが気になります。いろいろな危ない成分を使っているみたい。

http://democracynow.jp/dailynews/2010-07-21
「口紅に鉛? シャンプーにコールタール? 規制強化法案が提出された美容製品の安全性をめぐる討論」
Not Just a Pretty Face: The Ugly Side of the Beauty Industry(『かわいい顔だけじゃない:美容業界の醜い側面』)

「スキンディープ:オンラインの化粧品安全データベースが評価する62000以上の美容製品」

投稿: Brian Small | 2011年2月 3日 (木) 11時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナノがきになる:

« Global Gallery @みやざきアートセンター | トップページ | リンの代わりにヒ素をDNA中に取り込む微生物がいた »