« 今日参加した人はみんな・・・ | トップページ | 綾で田植えを楽しもう »

在バ日本人の苦労

 こちらジョソールも連日ワールドカップで盛り上がっています。ジョソールやチョウガチャの街中では、各家が応援する国を旗を屋根に掲げる様子が見られます(表紙写真参考)。一番人気はアルゼンチン、2番目にブラジルです。日本の旗はあまり見かけません。
 いつも夜9時近くまで残業している日本人専門家が、昨晩は全員7時にダッシュで帰宅し、テレビに釘付けになって応援しました。前半の1点をとった時には、DPHEのアシスタントエンジニアからお祝いの電話も届きました。しかし、終わってみれば3-1で日本はオーストラリアに惨敗。みながっくり。娯楽の少ないバングラデシュで、久々のイベントだったのに・・・。試合のあと専門家みんなで囲んだ食卓の暗かったこと。

 しかし、さらに試練は続きます。朝、オフィスに出かけるためアパートをでると近所の人や子供たちが集まってきて、私と純子に向かって「日本は昨日負けちゃったね」「3-1でオーストラリアに負けたね」「日本負けた」と口々に言います。

 負けたのは知ってるの!もう、がっかりする日本人に追い打ちをかけないで!

 DPHEのオフィス構内に入ると、今度はDPHEで働くスタッフが池の前に座り、みんなで新聞を読んでいます。私たちを見つけると、いつものおはようの前に「負けたね」「3点はないよね」「日本が負けて残念だよ」「負けるとは思わなかった」と声をかけてきます。新聞の一面には、「日本、負ける!」の大見出しと、オーストラリアサポーターの喜ぶ写真が。私と純子は、みんなの「負けた」「負けた」コールを振り切って、JAMPオフィスに急ぐのでありました。
 そのあとも、DPHEでの打ち合わせ時など、ベンガル人はみな「負けた」話題で持ちきりで、本題の打ち合わせは二の次。

 親日家の多いバングラデシュでは、日本戦の注目度も高く嬉しいのですが、初戦が負けたことで、とばっちりを受ける日本人にはとーってもつらい1日なのでした。

|

« 今日参加した人はみんな・・・ | トップページ | 綾で田植えを楽しもう »

コメント

KKさんにエピソードをききました。

ある日、ルプアナンに日の丸が揚がっていた。
KKは慌て、すぐさまナラヤンを呼び、今すぐ降ろせと命令した。かなり厳しい口調だった。
後日、ジョソール市街へ出かけるといろんな国旗がはためいている。
それが、サッカーワールドカップを楽しむバングラデシュのやり方だとは知らなかったのだ。
あのときのKKをナラヤンはどう思っていたのだろう。
応援してくれていたとも知らずに、僕は・・・

投稿: gada | 2006年6月15日 (木) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在バ日本人の苦労:

« 今日参加した人はみんな・・・ | トップページ | 綾で田植えを楽しもう »